あごニキビは一度できてしまうとなかなか治りにくいものなので、予防を徹底的にする必要があります。しかし、それでもなぜかあごにはたくさんのニキビが出来て悩まされることがあるんです。

この厄介なあごニキビの原因は一体何なのでしょうか?

占いで思われニキビなどと言われていますが、実際にはそんなことを言っている場合ではなく、目立ってしまうあごニキビはどうにかしたいものです。

あごニキビの原因は実はあなたの生活習慣にある可能性が高いのです。

あごは他の場所に比べてニキビが出来やすく、日頃のケアが大変重要になってきます。

今回は、そんなあごニキビの出来る原因とその正しいケア方法をご紹介していきます。

あごニキビの原因

あごニキビの出来る原因で一番きになるポイントは、毛穴が集中しており汚れや皮脂がたまりやすい場所であるということです。
そもそもニキビが出来やすいのですから、他の場所よりさらに丁寧にケアをしていく必要があります。しかし、実際は他の場所に比べてケアがおろそかになりがちで洗顔の際もあまり集中的に洗浄されません。そればかりか、すすぎの際にあごに洗顔料の成分が残ったままになりさらにニキビの原因を作ってしまっている可能性があります。もう一つの原因に食生活の乱れがあります。
特に脂っこい食事をする方はあごニキビが出来やすくなってしまいます。
先ほども紹介した通りあごには多くの毛穴が集中しており、皮脂の分泌量が増えてしまうと必然的にあご周辺の皮脂の量も増加してしまいます。
その結果、あごを中心にニキビが出来やすい環境になってしまうのです。
さらには、ビタミンなどの栄養が不足することでニキビの増加に更なる拍車をかけてしまっているという恐ろしい状態が招かれている可能性が考えられます。

あごニキビの正しいケア

あごニキビは、できてしまうとなかなか治りにくいため予防に徹することが重要になってきます。とにかく日頃のスキンケアではあごの存在をしっかりと認め集中的に洗浄してあげましょう。
また、最後のすすぎの際にもすすぎ残しがないように気をつけましょう。しかし、予防に徹していてそれでもできてしまう厄介なものがあごニキビです。
あごニキビが出来てしまっても基本は洗顔です。

しっかりと洗顔を行い汚れと皮脂を落とすことで新たなニキビを増やすことを予防できるほか、既存のニキビの悪化を防ぐことが出来ます。

そして、もう一つ見直すべき点が食生活です。

普段の食事がイマイチ栄養不足だと感じる場合は、実はそれが原因であごニキビができている可能性があります。脂っこい食事ばかりしている場合は、まず野菜中心の生活に切り替え栄養をしっかりと含んだ食事にしましょう。
ビタミンやコラーゲンといった肌に効果的な栄養素はそれ単体だけでなく様々な栄養素と相互に働きあって効果をもたらします。
そのため、サプリメントなどで一種類のみを服用するのではなく、バランスの良い食事で様々な栄養を摂取するようにしましょう。
このようにして日頃の見直すべき点を見直していけば、徐々にあごニキビが目立たなくなって、いつかはゼロを目指すことができるでしょう。
しかし、一度できてしまったらなかなか治りにくいので根気よく粘りましょう。

Scroll Up