顔のニキビで悩まされている人は多いことでしょう。酷くなると腫れあがり、痛みも出るので気になって触ってしまい、余計に酷くなったという経験がある人は多いのではないでしょうか?無理につぶしたりするとニキビ跡が残るので非常に厄介です。

また、朝起きて鏡でニキビがあるのを発見すると朝からブルーになりますよね・・・、これから出かけるのにそれを隠すのもすごく大変ですし、隠すと悪化する恐れすらあります。

実はニキビはアクネ菌が原因で発生しているのです。では、アクネ菌について説明していきます。

顔のニキビはアクネ菌によってデキる

アクネ菌というと特別な細菌のように感じると思いますが、実はみなさんの顔に普通にいる珍しくもない菌なのです。そのため、誰でもニキビになる可能性はあります。アクネ菌の存在と顔の環境次第でニキビが出来るか出来ないかが決まるのでニキビが出来ない環境にすることが非常に大切なのです。しかし、女性は生理の関係などですぐにニキビが出来てしまうのでニキビを全く作らないというのは難しいのですが、出来るだけ作らないようにする事は出来るので対策を考える事は非常に大切です。

特にあごはニキビが出来やすいので気をつけるようにしましょう。

アクネ菌の特徴

アクネ菌は酸素を嫌い、皮脂を栄養にして生息するという特徴がありますので、酸素が少なく皮脂がたくさんある皮脂腺がアクネ菌の住みやすい場所ということになります。つまり、アクネ菌は毛穴が詰まって酸素が行き届かなくなった毛穴に付着して増殖してニキビの原因を作っているので、改善するには顔の環境を整えることが大切です。

アクネ菌に善玉と悪玉が存在するって本当?

アクネ菌には種類があり、善玉と悪玉が存在しています。両方が存在するのは事実なのですが、お肌の状態次第で善玉菌が優位に立ったり、悪玉菌が優位に立ったりします。善玉菌が優位に立てば、病原菌の繁殖を防いでくれるのでお肌の環境を正常にすることが大切です。ニキビができにくい肌環境にするには弱酸性の状態を保つことがポイントです。

ニキビの悪化を防ぐのにアクネ菌の性質を利用しよう

アクネ菌は常在菌なのでゼロにすることはできません。しかし、肌の状態を善玉菌が優位にし、ニキビの悪化を防ぐことはできるのです。そのためには、皮脂のケアをすることが一番大切です。繁殖の原因になる皮脂の過剰分泌を抑えて肌環境を整えるようにしましょう。余分な皮脂が分泌しないようにするには、やはり洗顔がとても重要になるので正しい洗顔を覚えて毎日しっかりと行うことが大切です。しっかりとした洗顔をしているつもりでも、間違った方法でしている人がとても多いので、正しい洗顔をしましょう。また、間違った方法で洗顔をしているとニキビを増やす原因になっていることもあるので洗顔方法はとても大切なので覚えておきましょう。
このように、ニキビにはアクネ菌という菌が重要ということが分かったのではないでしょうか?また、アクネ菌は特別な菌でお肌で悪いことをするわけではありません。善玉菌と悪玉菌がバランス良く存在している分には何も問題ない菌です。だからと言って常在菌なのでゼロには出来ませんので、お肌の環境を整えて悪玉菌を優位にしないように心がけることが大切です。また、善玉菌にはお肌を地良くする役割もあるので善玉菌が有利になるように心がけることが大切です。アクネ菌の存在よりも正しい洗顔やスキンケアがニキビ予防には大切ですので正しいケア方法をしっかりと覚えましょう。そして、ニキビを作らない肌環境にすることが大切です。

最近は、たくさんのケア商品があるのでそれらを利用しながらニキビを作らない肌環境にすることができます。ポイントは自分の肌に合う化粧品を使う事が大切なので自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

アクネ菌はお肌の環境次第でニキビができるかできないかが決まるのでしっかりとケアするようにしましょう。

アクネ菌対策が簡単にデキるオススメアイテム
商品
ニキビの改善、ニキビ跡やシミの改善効果の高い成分を配合し、敏感肌の方でもしようデキる無添加処方オールインワンゲルです。
オールインワンゲルは時短にもなり、簡単に使えるので面倒くさがりやさんでも楽して改善できるオススメアイテムです。

Scroll Up