あごにデキるニキビとは?

あごニキビは典型的な大人ニキビと言われています。

大人ニキビは、皮脂の分泌などが多いTゾーンではなく、あごやフェイスラインにデキるニキビによくみられます。あごや口元にぽつっと大きなニキビができるケースや、首筋からフェイスラインにかけて帯状にニキビができるケースがあります。乾燥のしすぎやインナードライなど肌の中の水分不足や、水分と油分のバランスが崩れているせいで肌のバリア機能が低下している状態になっているとあごニキビは発生してしまいます。あごニキビは一度できるとなかなか治らない、また頻繁にくり返すという特徴があり、悩んでいる方が多くいます。

あごニキビがデキるのはなぜ?

あごニキビが出来る原因は幾つかの要因が重なっているのです。

大きな原因としては不規則な生活によるホルモンバランスの乱れターンオーバーのリズムの乱れ腸内環境の悪化、間違った洗顔やスキンケアの方法、肌の乾燥、紫外線や雑菌などの外部からの刺激などがあげられます。

もともとあごは顔の中では乾燥しやすい箇所です。それに加えてニキビになりやすい要因が重なると頻繁に繰り返すようになってしまいます。大人ニキビの特徴とあげられるのは、生活習慣の乱れが大きな原因ということです。疲れやストレスを感じると男性ホルモンや副腎皮質ホルモンの分泌が多くなり、皮脂の過剰分泌につながることがあります。また、あごは乾燥しやすいので肌の保湿のためにかえって皮脂の分泌が盛んになることもあります。

さらに女性の場合は生理前になると女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌が増加します。黄体ホルモンも皮脂分泌を促すので、過剰な皮脂による毛穴のつまりがニキビの原因になってしまいます。睡眠不足で肌のターンオーバーがうまくいかないと肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に弱くなってしまいます。

また、腸内環境が悪いと腸の中に溜まった老廃物の毒素が血流に乗って肌にまで影響を与えます便秘や下痢など腸内環境が悪化している時は肌にも毒素が回って毛穴を詰まらせたり、炎症を引き起こしたりします

洗顔のしすぎで顔の皮膚が乾燥してしまう人が多くいます。また、洗顔のすすぎが不十分なために洗顔料があごやフェイスラインに残って肌に刺激を与えることもあります。保湿ケアがあごや首筋にまで行き渡っていないせいで乾燥しがちになる人も多いですね。保湿ケアをするさいには乾燥しがちなあご、首、フェイスラインにも丁寧に潤いを与えるようにしましょう。過度のアルコール摂取やタバコも肌荒れの原因になります。

あごニキビが治りにくいのはなぜ?

あごニキビが何回も繰り返しやすい、治りにくいといった特徴があるのは、まさに生活習慣と密接な関わりがあるためです。あごニキビ対策には使用するコスメやスキンケアも重要ですが、それ以上に生活習慣を見直してみることが重要です。

肌のターンオーバーを整える、ホルモンのバランスが乱れるのを防ぐ、睡眠をしっかり取るなどの改善があごニキビを食い止めるためには不可欠になります。腸内環境を改善することも美肌には欠かせません。乳酸菌や食物繊維を意識的に摂ることで腸内の善玉菌を増やして、お腹に老廃物や毒素がたまらないようにする工夫が必要です。

美肌には欠かせないビタミンもバランス良く摂る必要があります。ビタミンCビタミンEを積極的に摂ることがニキビ肌改善にはオススメです。またむやみに手で触らない、毛先があごに触れないようにするなどの工夫も役立ちます。あごニキビの改善には、正しいスキンケア、特に保湿重視のケアとターンオーバーやホルモンバランスを整える生活習慣がポイントになります。毎日の積み重ねで綺麗な肌になれるようにできるところから改善していくといいですね!

Scroll Up