あごニキビの原因はたくさんあって複雑

あごにできるニキビは何回も繰り返したり大きなニキビになったりしていませんか?

思春期と違って、大人になってから出来るニキビはあごやフェイスラインなどによくできます。年齢によってニキビが出来やすい箇所や原因が変わってきます。あごニキビはよく発生し、しかも繰り返しやすいのが特徴です。

あごニキビが出来る原因は幾つかあります。あごは乾燥しやすい箇所なので保湿ケアが不足していると乾燥が進みダメージに弱くなります。乾燥は帰って皮脂の分泌を招いてしまい毛穴が詰まることがあります。洗顔の時のすすぎが不十分なために洗顔料がフェイスラインに残ってしまい、毛穴を塞ぐこともあります。洗顔やスキンケアは、あごやフェイスラインまで行き届けることが必要です。

ストレスや不規則な生活のせいでホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌を招くことがあります。多すぎる皮脂が毛穴をふさいでニキビになることが多いようです。他にもあごは外部から刺激を受けやすい箇所です。紫外線があたりがち、日焼け止めがきちんと塗れていない、手でついあごを触って雑菌をつけてしまうなどの原因があります。

あごニキビは複数の原因が絡み合って発生しています。あごニキビの原因を知って、適切な対策を行わないとひどい症状はなかなか改善しません。

寝不足・疲労状態だと高確率で翌日鼻の下にニキビが出現していませんか?

不規則な生活は肌のターンオーバーのリズムを乱してしまい肌荒れを招きます。

ストレスを感じると男性ホルモンや副腎皮質ホルモンの分泌が盛んになります。

どちらも皮質の分泌を促すのであまり多いと皮脂の過剰分泌によりニキビを発生させることがあります。

人間は睡眠によって疲労を解消し、肌のターンオーバーを促進します。リラックスした気持ちで質のいい睡眠をとることや、決まった時間に就寝・起床することもとても大切です。ビタミンや食物繊維をきちんと摂っていないバランスの悪い食事が続くと体内の老廃物が排出されずに腸の中に溜まることがあります。腸内環境が悪いと悪玉菌が発生し、毒素や臭いガスを発生させます。血液の流れに乗った毒素が皮膚の毛穴から排出されることになってしまい、ニキビや肌荒れを引き起こします。

大人ニキビはストレスや不規則な生活の結果が肌に現れていると言っていいでしょう。

あごニキビは体調不良と密接に関係がある

不規則な生活、寝不足、偏った食生活など普段の生活習慣が悪いと体内に老廃物がたまり体調を悪くし、ストレスにもなります。結果として肌にも影響が出てしまい、ニキビを繰り返すようになります。

鏡を見てニキビができていたらそれは体調不良のサインと考えて生活習慣を見直すきっかけだと思うといいですね。あごニキビができた時は決して手で触らずにそっとしておきましょう。洗顔は泡立てた洗顔料で丁寧に行い、すすぎはぬるま湯で20〜30回を目安に行いましょう。保湿ケアはあごやフェイスラインにまで行きわたるように行いましょう。特に美容液や乳液にビタミンC誘導体やセラミドが配合されているタイプを使って、しっかりと有効成分や保湿成分を肌に届けるようにするといいでしょう。

あごニキビは日々の生活習慣に密接に関係している

いくらいい化粧品を使用しても生活習慣が乱れたままではなかなか肌荒れは改善しません。体内からきれいになるように普段の食事の内容で食物繊維やビタミンを意識して摂ることが必要になります。毎日の食事で積極的に取り入れたいのがバナナ・ごぼう・人参・さつまいも・こんにゃく・きのこ類や海藻など食物繊維がたっぷり摂れる食材です。腸内環境のためにはヨーグルトもいいですね。

そして、できるだけ午後10時から午前2時までの間に就寝して、毎日の睡眠時間を確保しましょう。きれいな肌になるにはやはり睡眠が欠かせません。健康的な生活習慣を持つことが体調を整え、さらに美肌につながることを知っておくといいですね。

Scroll Up