多くの方が悩まされるあごニキビは厄介で、なかなか治りにくいという特徴があります。

そんなあごニキビは実は様々な原因があり、自分がどの原因かを知ったうえで正しいお手入れ法を実践する必要があるのです。

あごはデコや鼻の周りのように汗を掻く場所ではなく通常ニキビが比較的できにくい位置でもありますが、一方で一度できてしまうとなかなか治りにくかったりするという特徴もあります。

今回はそんなあごニキビについてどのような原因があり、どのようなお手入れ法を実践していけばよいかということをご紹介していきます。

あごニキビの原因

あご周辺は比較的汗を掻きにくく、皮脂の分泌は穏やかである反面特に男性の場合ヒゲが生える毛根部が広いため少しでも皮脂が出るとたまりやすい環境にあります。また、男女共にあごに出来たニキビはなかなか治りにくいという特徴があるのは、皮膚の生成速度が穏やかでなかなかカラダの自己修復の力が働きにくいためです。

さらには、間違ったスキンケアをおこなっているためにあごニキビが発生・悪化してしまうこともあります。あごニキビが発生する原因の中で有名なのが、ホルモンバランスの乱れです。

比較的皮脂の分泌が少ない場所ですが、男性ホルモンが増えてしまうと皮脂の分泌が増加し、特に普段皮脂の分泌が少ないあごにニキビが発生しやすいのです。

ここで勘違いが多いのが、皮脂腺一本一本の皮脂分泌量が少ない一方であごはこの皮脂腺が大量に分布する位置でもあるため、全体でみると皮脂の分泌が多いので、結果あごはニキビが出来やすい場所とも言えるのです。

日常のケアで受けるダメージ

男性の場合、ヒゲを剃るときや女性の場合でも産毛の処理をする際など傷つきやすい部分のため、余計にニキビが出来やすい環境になっています。そんなあごニキビを気にして、洗顔に力を入れていても多くの方が最後の最後で失敗をしてしまっています。
それがすすぎ不足です。

洗顔料を使ってしっかりと顔を洗った一方で、最後のすすぎの際どうしてもあご周辺に洗顔料が残りがちです。少しでも残ってしまうとそれが肌にダメージを与えニキビの原因になってしまうのです。

あごニキビの正しい予防&お手入れ方法

それでは、あごニキビの予防法とお手入れ法についてご紹介していきます。
まず、あごニキビの原因であるホルモンバランスの乱れを起こさないためにも、まずは日常生活の中で疲労やストレスを溜めないようにすることが重要です。
そして、洗顔をしっかりと行うようにしましょう。
特にあごは洗顔料のすすぎのこしが目立つところでもありますので、最後の最後までしっかりと水ですすぎ落とすようにしましょう。続いて、出来てしまったあごニキビのお手入れ法をご紹介します。

あごニキビはなかなか治りにくく、お手入れが難しいものですが正しいお手入れを行うことで少しづつ改善していきます。

一番重要なのが洗顔で、洗顔の際しっかりと泡立ててそれをあごの上にのせます。
あごの上にのせた泡の上から手で優しく泡をプッシュします。
10回ほどゆっくりとプッシュして泡の力で、余分な皮脂だけをしっかり落とすようにしましょう。
その後、すすぎ残しがないようにしっかりすすいで下さい。
また、ヒゲなどの処理をする場合は専用のフォームを使ったりして肌へのダメージをできるだけ減らすように心がけましょう。

もし、大丈夫なようなら回数を減らしてみるのも効果的です。

まとめ

あごニキビは出来てしまうと治りにくいですが、しっかりと予防をしておけばできにくいものでもあります。
ホルモンバランスの乱れなども原因になりますので、普段から疲労やストレスは溜めないようにすることが大切です。
Scroll Up