毛穴のつまりがニキビの原因?

不規則な生活やストレス、栄養過多や過度なダイエット、ホルモンの乱れは顔にニキビが出来やすくなります。顔に出来るニキビの中でも一番目立ちやすく、そして治りにくいやっかいモノがあごニキビです。まず、あごにニキビが出来やすい原因としてあげられるのが、皮脂腺が多いことです。皮脂腺が多いと皮脂が毛穴に詰まりやすいのです。また、あごは手や髪の毛が触れやすいところのため雑菌も付きやすく、洗顔をする時に洗い残しやすすぎ残しをしやすいところです。

自然とニキビが出来やすい行動をしやすい場所なので、自分で気づかないうちにニキビが出来てしまい、雑菌が繁殖してしまうことで治りにくいというメカニズム(仕組み)になっているのです。

まず、一番重要なのは「あごにニキビを作らないこと」です。

普段あごをマジマジと眺めることは余りないかもしれませんが、鏡でじっくり見てみると毛穴に小さな白いポツポツ(角栓)があったり、清潔な手で撫でてみると意外なほどザラッとしてたりします。ポツポツやザラザラはニキビの元なんです。

更に皮脂が加われば肌環境としては顔の中で一番よくないと言えますから、おでこや鼻の頭以上にあごのていねいなケアは必要なのです。皮脂腺が多く、凹みやシワがあるので洗顔では綺麗に落としきれず、酸化した皮脂が角栓となり炎症を起こしてしまうことがニキビにを作ってしまう原因の一つです。

メイクと汚れを洗顔でしっかり落とし、綺麗に洗い流すことを心がけるだけであごニキビは出来にくくなります。洗顔料の泡立ちが足りないと毛穴の汚れをかき出したり吸着するパワーが弱くなってしまいますので、しっかり泡立てネットやスポンジや泡立て器(今流行っていますよね!)を使って柔らかくコシのある泡をたっぷり作って、くるくると泡のクッションを転がすように丁寧に洗いましょう。すすぎはお湯をただかけるだけでなく、首からあごにかけて上に向かってかけるように流すと毛穴が更に清潔になりスッキリします。

皮脂分泌が盛んになる原因は?

あごは皮脂腺とは逆に汗腺が少ない部分でもあります。ベタつきやすく乾燥しやすいというアンバランスで複雑な肌質なのもニキビが出来やすく慢性化しやすい原因の一つです。顔の中でもあごは皮脂腺が多く乾燥しやすいということを常に意識したケアが重要になってきます。

皮脂は不規則な生活やストレス、栄養、ホルモンの乱れ寝不足などで分泌が盛んになります。以上な皮脂分泌は毛穴詰まりを引き起こす「美肌の大敵」です。生活リズムを整えたり栄養バランスや生理周期に合わせた心身のケアなどもあごニキビの予防では大切です。

特に生活リズムは重要です。夜0時前に入眠すると成長ホルモンが活性化することは広く知られていますが、成長ホルモンが活性化することで肌の新陳代謝やストレスを軽減したりと良いことづくめです。女性ホルモン同様、美肌や健康に欠かせない物質なので、早めの規則正しい睡眠で皮脂量をコントロールすることができます。逆に睡眠不足だったり睡眠の質が悪いと皮脂量は増えてしまう原因にもなるため、あごにニキビが出来やすく治りにくいと悩んでいる場合は、まず睡眠を見直してみることをお勧めします。

そして、間違いやすいのが皮脂の取りすぎと保湿不足です。皮脂は汗と混ざることで皮脂膜という肌を外的刺激から守る丈夫な膜になります。汗や皮脂が適度であれば皮膚表面の常在菌のバランスが良くなり、ニキビや肌荒れといったトラブルが起きにくくなります。皮脂を敵とみなして徹底ケアするのではなく適度に残しつつ、保湿をしっかりすることでサラサラでニキビのない綺麗なあごをキープすることができます。脱脂力が強すぎる洗顔料や皮脂を抑えすぎたり取りすぎてしまうケアは逆効果です。肌がますます「皮脂を出さねば」と分泌力を高めてしまうため、肌に優しいシンプルケアを丁寧に行うよう心がければ、自然と皮脂バランスが整います。

Scroll Up